【プレスリリース】

【イベント登壇】CEO津崎が、保険業界最大のカンファレンス「第21回RINGの会オープンセミナー」第1部パネルディスカッションに登壇致しました。

 

保険業務の音声辞書「SEIMEI」を運営するSEIMEI株式会社CEO津崎が、保険業界最大のカンファレンス「第21回 RINGの会オープンセミナー」に登壇!

  2019年7月6日(土)にパシフィコ横浜にて開催された「第21回RINGの会オープンセミナー」第1部パネルディスカッションに弊社CEO津崎が登壇しました。

講師席からの1枚。会場は超満員でした。講師席からの1枚。会場は超満員でした。

  第21回RINGの会オープンセミナー(https://os.ring-web.net/booth/)、今年のテーマは「脱・保険業」。 当初用意された1450席は即完売となり、追加席、運営スタッフ合わせると1729名の超満員となりました。 弊社CEO津崎は、 ・10:10~11:40 (90分) 第1部 パネルディスカッション 「デジタル革命の下で、これからの代理店経営を考える」 Disruption(破壊的革新)は代理店経営に及ぶか に登壇しました。

 

 

 

  ■津崎の所感 当日は大変多くの方にお集まり頂きましてありがとうございました。 保険代理店チャネルが急成長していること、代理店経営者の皆様が業務のデジタル化に対してご関心が高いことがよくわかりました。 パネラーの私達4人からお伝えしたかったのは、保険代理店業務は非常にアナログのため、伸びしろやチャンスも非常に大きいということです。 私個人としては、現在のSEIMEIが生保業務情報にしか対応していないため、来場者の多くの方に「損保版をはやく作ってほしい」と言って頂いたことが大きな気付きでした。 SEIMEI損保版の開発に取り掛かっておりますので、8月中にはお客様にお届けできましたらと思います。 今後とも、皆様のご意見を多く頂戴できましたら幸いです。 よろしくお願い致します。

 

  ■InsurTech市場規模 株式会社矢野経済研究所の調査によると、2018年度の国内InsurTech市場規模は前年度比115%、690億円の見込みです。2019年度は690億円、2021年度には1790億円に達する予測です。これは、健康増進型保険や疾病管理プログラムの開発活発化が背景に挙げられます。保険を軸としたエコシステムも登場しており、今後飛躍的に市場規模が拡大することも期待されます。

    【PR TIMES】 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000033334.html ■お問合せ先 info@seimei.co 件名に「SEIMEIについて」とご記載下さい。 ■SEIMEI株式会社概要 ◇所在地  〒106-0032 東京都港区六本木7-18-18 住友不動産六本木通ビル2階 ◇代表取締役  津崎 桂一 ◇設立  2017年5月1日 ◇資本金  999万円 ◇事業内容  保険業務RPA「SEIMEI」の開発・運営 ■保険業務RPAシステム「SEIMEI」(http://seimei.co/seimei/) SEIMEIは、あらゆる保険業務の自動化を目指すクラウド保険業務RPAシステムです。主に音声認識技術を活用し、業務情報の即時検索を可能とし、煩雑で時間のかかる業務情報検索から保険営業パーソンを解放します。 開発・運営を行うSEIMEI株式会社はサービスローンチ前でありながら、Incubate Camp 11th本戦参加企業選出、「起業の科学」著者の田所雅之氏が手がけるB-SKETアクセラレーションプログラム、ニッセイキャピタルが運営する「ニッセイキャピタルアクセラレーションプログラム」第1期採択企業など、2018年の採択倍率8倍~16倍のプログラム3つに選出されています。 2019年3月には、日本で最も歴史あるFinTechイベントFinancial Innovation Business Conference 2019に登壇しました。こちらのFIBCでは国内9企業のうちInsurTech領域においてはSEIMEI社が唯一の採択となりました。(https://fibc.info/2019-seimei/)